Education 人材育成

ハイマックスはキャリアパスのもと、着実に成長していくSE育成を教育の中核に据えています。キャリアパスが進むのに合わせて、必要なスキルもその幅が広がっていきます。また経済などの様々な状況の変化や、進化する技術に対応するための知識が必要です。そのため、新人の間はもちろん、SEになろうとPMになろうと、技術スペシャリストや業務スペシャリストになろうと、継続的に勉強を続けることが必要です。ハイマックスでは、職種、職位ごとにきめ細かな教育カリキュラムを用意しています。内容は、コンピューター技術に関する研修だけでなく、ヒューマンスキルや管理技術など多岐に渡っています。

研修の流れ

  1. 入社前研修
    • 内定後から入社前の時期にかけて、社会人としての心構えなどを通信教育で実施。
    • 3月には2~3日間の集合教育があります。
  2. 新人教育
    (導入教育)
    • 入社から3ヵ月間はみなとみらい事業所で集合教育。
    • 社会人マナーはもちろんのこと、コンピュータの基礎やプログラミングなど。
    • 講義+実習の形式。初心者でも3ヵ月後にはある程度のシステムを作れるようになります。
  3. 現場配属(OJT)
    • 9ヵ月間 OJT(On-the-Job Training)。
    • 新人一人に対して必ず一人の先輩社員(指導員)がつきます。
  4. フォローアップ研修
    • 1年目・2年目・3年目フォローアップ研修。
  5. 定年まで
    • 各職位に合わせた研修あり。
    • 年間60講座以上あり、誰でも受講可能。

教育体系図(全体)